『小津アングル』とは

世界に誇る日本の映画監督、小津安二郎が開発した(?)撮影アングルである。ポイントは

・ローアングル
・50mm画角

である。

百聞は一見にしかず。下の写真は『東京物語』からの抜粋である。

小津アングル

「アングルの低さ」を実感して頂けただろうか。
310000ではカメラ付きケータイで『小津アングル』の現代版を実践することを一つの目標としている。とはいえSH505isには光学ズームはないので、デジタルズームで画角を50mm相当に調整している。次の写真はハト☆の両親を『小津アングル』で撮ったものである。現代的なダイニング風景とはいえ、『小津映画』を見たことのある人なら一種の懐かしさを感じて頂けるだろうか。

カメラ付きケータイで撮影

※小津アングルの撮影技法については、ヴィム=ヴェンダースというドイツ人監督の映画、『東京画』に詳しい。

戻る